秋の肩こりは胃腸の問題?

こんにちは!磐田整体ラボラトリーの土井です。

 

台風も過ぎて一瞬やたらと暑さが戻りましたが、

ここにきてグッと気温が下がりましたね(((((-ω-;)))))

気温の変化に体調を振り回されてませんか?

 

台風の気圧も相まって頭痛肩こりの患者様が

今月はとても多かったです。

 

季節の変わり目は体調が変化しやすい時期ですが、

特に秋になる頃は夏バテの影響から胃腸の疲れがでます。

 

胃腸が疲れることで免疫力が下がってしまうことで秋への

気候変化が過敏に反応し、風邪をひいたり季節違いの花粉症

みたいになったりします。

 

また、胃腸の疲れが続くと姿勢が前かがみになり、

肋骨が内巻きになることで呼吸も浅くなり肩こりも

発生しやすい負の循環が始まります。

 

人間は疲れると姿勢が前かがみになります。

それは人間が生命を維持するうえで一番大切なのが

内蔵なので、内臓へ血液の循環を確保するために

前かがみの姿勢、いわゆる猫背のようになるのです。

 

このような時は肩こりだからといって、

揉みほぐしたりしても残念ながら効果なし…

まずは内蔵の疲労がとれるように質の高い

睡眠を確保してください。

 

質の高い睡眠がとれれば朝起きた時に体も

スッキリし、前かがみだった姿勢もシャキっと

背筋が伸びているはずです。

 

もしそうでないなら質の高い睡眠がとれていないか、

もはや睡眠では回復できないくらい疲労が蓄積している

可能性が高いので、磐田整体ラボラトリーの出番です(笑)

 

蓄積した疲労のせいで回復力が追いつかない時は、

整体で体の循環力を高めてあげる必要があります。

とにもかくにも人間の3大体液を循環させて自己治癒力を

高めることが先決です。

 

当院では首と骨盤を連動させる骨盤矯正と筋膜への

ポンプ作用を活用して人間の3大体液である

脳脊髄液・血液・リンパ液をしっかり

循環させて体の正常化を図ります。

 

そのあとは残った関節の硬さを丁寧に取り除くことで

全身の循環が滞りなく巡り、あなたの力で体を修復してくれる

自己治癒力が整います。

 

その状態で寝てみてくださいませ!

 

秋におこる独特の肩こりや頭痛も軽減し

次の日起きた時には背筋もシャッキーンと伸びて

爽快な一日を過ごせます。

 

特に美健整体では肩甲骨と肋骨にアプローチするので、

猫背によって狭く窮屈になった肋骨も広がり、呼吸も

楽になります!しかも肋骨が広がればバストの形も

整うおまけ付き(笑)

 

また肩甲骨が柔らかく動くことで新陳代謝も高まり、

秋の食欲に少々負けても脂肪に変換しにくい体質を

作ることができます。とは言っても食べすぎはダメですよ^^

 

もし秋を迎えてから頭痛と肩こりが頻繁に起こるようなら

季節の変化に体が対応できていない可能性がありますので、

ぜひ磐田整体ラボラトリーにおこしください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

磐田整体ラボラトリー代表。鍼灸師、国際セラピストとして20年以上の施術実績を誇る、磐田市で活躍する整体師。