無資格営業での整体院にご注意を

整体院の数はすでに全国のコンビニよりも

数が多いと言われ、美容師、歯科医院と並ぶ

競合過多な業種といえます。

 

整体院の数が異常に増えた原因のひとつが

無資格営業による整体師の増加です。

ここ磐田市にも私が知っているだけで

かなりの数の無資格営業している整体院が存在します。

 

そもそも論でいうと

整体師という資格はありません。

 

整体師という言葉があまりにも市民権を得て

認知されたので、あたかも国家資格のように

思われているのですが国家資格ではありません。

 

だから、あなたも一言

 

「私は整体師です!」

 

と言ってしまえば明日から整体師です(笑)

 

なんで無資格で整体していいの?

本当のことを言ってしまえば良くありません。

 

大切な人の体をさわり、その患者様の今後の

人生をも左右する可能性がある整体施術を

無資格で行うことは危険かつ無責任な行為です。

 

いわゆる柔道整復師や鍼灸師、按摩マッサージ師など

国家資格を持った施術者しか本来は治療として整体を

行うことはできないのですが、法整備がなされる前に

悪性腫瘍のごとく増えすぎてしまったため、もう

手をつけることができなくなってしまいました。

 

また長く続いた不景気も影響して、無資格営業の

整体師を規制する法律なんか法案で通そうものなら

失業率を高めてしまい、政治家的にはマイナス査定に

なり、次の選挙で当選できないリスクを政治家は負います。

 

そんなリスクを負ってまで変える必要ないよね~?

てのが政治家の本音です。

 

そんなこんなで無資格整体師の法的な規制は

闇に葬られ、今になっては「リラクゼーション業」などと

新しい業種を打ち出してぼやかしています。

 

そのおかげで無資格整体師が大手を振って営業し、

表に出ない事故なども多発している現状をどう

政治家は考えているのか不思議です。

 

ただ、誤解をもって欲しくないのは、

無資格の整体師だから全ての人が

無知識であり技術がないわけではありません。

 

私の知り合いの格整体師は、国家資格を

持った先生にも負けないほどの知識と技術を

持ち合わせていますし、実際に多くの患者様を

救い慕われています。

 

ただそんな先生は本当に一部にすぎません。

 

人の体に触るためのハードルは高い

人の体に触れて良い国家資格ってハードルが高いのです。

ちょっとしたことで体は壊れてしまうので、体の構造、

生理的な仕組み、病気の種類や内容を学ぶ病理学など

様々な科目を3年~6年かけて学ぶのが医療系国家資格の

最低限のハードルです。

 

それくらい学ばなければ安全に人の体を

触ることができない!と国が定めているはずなのに(汗)

 

人の体に触れて治療しても良い医療系の資格は

  • 医者
  • 看護師
  • 理学、作業療法士
  • 柔道整復師
  • 鍼灸師
  • 按摩マッサージ師

などなど療法士系も調べればもっとあるはずですが、

ここで注意して見て欲しいのが、あの資格がありません…

 

「薬剤師」

 

薬剤師は4年制から6年制にまで学習期間が

拡大されたにもかかわらず、人の体に触れて

治療してはいけないのです。

 

6年も勉強してですよ?

 

それでも体に触ることのできない薬剤師を無視して

無資格の整体師が体をさわって治療するなんて…と

思ってしまうのは私だけでしょうか?

 

医療系の国家資格受験に課せられる科目は

とても多く幅広いです。それを学ぶのに

最低でも3年、医師や薬剤師のように

長い場合は6年を要します。

 

それくらい時間をかけて学ばなければ

人の体って分からないことが多いのです。

 

もちろん国家資格を取って終わりではありません。

学校では基礎中の基礎を学んだに過ぎず、

そこから医者の場合は研修医などを経て一人前になり、

我々も同じく卒業してから下働きなどを経て

少しずつ成長して一人前になっていきます。

 

そういったハードルを一つ一つ超えてから

やっと人様の体に触れて治療することができるのです。

 

なんとか協会認定整体師

無資格整体市のホームページによく

  • ○○協会認定整体師
  • ××公認セラピスト
  • △△課程修了証

など、あたかも資格を示すかのような

認定証を掲げているのを見かけませんか?

 

何も知らない患者様から見ると安心感を

持ってもらえるので掲げている整体院が多いですが、

そのほとんどが国家資格でもなんでもなく、

単なる紙切れにすぎません。

 

中にはそこそこちゃんとした内容で整体を教えている

協会もありますが、そのレベルはピンキリです。

国家資格でないため国から指定された学科の修得もなく、

養成校の独自の判断で取捨選択された科目のみ学びます。

その養成機関もまちまちで、中には何ヶ月かの短期間で

独立までできます…みたいな養成校もあるのが怖いです。

 

認定証の中には悪質?なものもあり、

「厚生労働省認可法人」などまるで

厚生労働省認可の資格を匂わせる表記まであります。

 

だから認定証が掲げられていれば整体師の資格が

ある!と安易に思わないようにしてください。

 

何度も言いますが、そもそも論で

整体師という資格はありません(笑)

 

あなたの大切な体を守るために

できることなら無資格営業での整体院に行くのは

やめておきましょう。

 

ただ前にも書いたとおり、無資格整体師であっても

知識、技術ともピカイチの先生も確かに存在します。

もし無資格の整体院に行ってみる場合は、実際に

その整体院に行ったことのある患者さんから

詳しく話を聞いてみてください。

 

ポータルサイトなどの口コミを参考にする人も

多いのですが、必ずしも口コミが実際の声とは

なりえません。業界として恥ずかしいのですが

捏造された口コミも多いのが事実です…

 

なので可能な限り、近隣の人でその整体院に

行ったことのある人や知り合いの人に、

生の声で確認するのがいちばんです。

 

国家資格を持っている先生でも整体師としての

技量には大きな差があります。

 

それが基礎を学んでいない無資格整体師の

場合はさらに技量に差がでやすいので注意です。

 

体を良くしたくて整体に言ったのに、

逆にどこかを痛めたり症状が増えるような

ことになっては意味がありません。

 

あなたの大切な体を預ける場所ですから

慎重にも慎重をかさねて整体院を選んでください。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です