整体と栄養学(冬のオススメお鍋)

磐田市の冬は遠州の空っ風のおかげで

気温よりも体感温度が厳しいですね(((((-ω-;)))))

冷たい風が首筋にあたることで風邪を

引きやすくなるので注意してください。

 

現在進行形でインフルエンザも猛威をふるい、

小学校を中心に学級閉鎖も多いようです。

 

お子様から思わぬお土産をもらわぬよう、

自己免疫力をしっかり高めておきましょう!

 

てことで、

今日は整体と栄養学のお話し(・∀・)

 

正しい整体を受けることで体の芯部循環、

血液循環、リンパの流れが改善されれば

免疫力も同時に高まります。

 

しかし、いくら正しい整体を受けたところで

体を構成している細胞の栄養状態が悪い

ままでは存分に免疫力は高まりません(;_;)

 

言うなれば人間の体は

飲んで食べた物以上にも

以下にもなりません!

 

口から入れた飲食物からしか体を

構成する細胞は作られないので、

口から入れるものは本当に大切ですよ~。

 

海や大地の恵みを無添加で頂いて

出来上がった細胞と、ポテチや着色料

バンバンの飲み物で出来上がった細胞では

どちらが元気そうか?劣化(癌化)しそうか

安易に想像できると思います(・∀・)

 

ま~ポテチや添加物バンバンなもの

ばっかり食べてたとしても、内蔵が元気で

解毒作用が強ければ排泄できますが(笑)

 

では、本題へ

 

冬のオススメお鍋は「あんこう鍋」

あんこうはお好きですか?

 

西のフグ、東のアンコウと言われるほど

冬の味覚としては有名ですが、ここ磐田市

ではどちらに属するのでしょう?(^_^;)

 

どちらかと言えばフグのほうが

よく見聞きしますが、今日のお題は

アンコウなのでスルー(笑)

 

アンコウは体を温め栄養を付ける

冬の活力源とも言われ、身から

内蔵まで全て美味しくいただけます。

 

あん肝なんて酒のアテにも最高ですね^^

 

アンコウは出回る数も少ないので、

購入が難しければ代わりに鱈も有り!

 

鱈も冬の味覚の代表格であり、

脂肪は少なめなので肥満や生活習慣病で

悩んでいる人でも気にせず食べれます。

 

また少ないながらもその脂肪の中には

DHAがたっぷり含まれ、いわゆる

認知症の予防にも良いとされています。

 

そして、お鍋に欠かせないお野菜たち。

 

ここに是非とも入れて欲しいのが

  • 白菜
  • 長ネギ

ド定番かもしれませんが、

栄養学として知った上で食べるのと

何も知らずに食べるのでは差がでます。

 

まずは白菜。

 

冬の代表的な野菜の一つであり、

鍋には欠かせない準主役?は言いすぎ

かもしれませんが栄養学的には主役級。

 

冬場のビタミンCの補給には重宝します。

 

その他にも亜鉛が豊富なので

外傷の治癒促進にも役立ちます。

 

だから整体治療の効果も高めますね^^

 

また

  • モリブデン
  • ジチオールチオニン

が含まれていて、こちらは皆さん大嫌い

の予防にもつながります。

 

モリブデンは発ガン物質を体の外に

排出し、ジチオールチオニンは

抗がん作用が高い栄養素です。

 

長ネギに関しては少し前のブログで

詳しく紹介しているのでこちらを

合わせて読んで頂けると嬉しいです。

ネギを食べて整体すると?

 

とにもかくにも、お鍋って肉も魚も

野菜までもバランスよく頂ける上に、

体が温まり免疫力も高めます。

 

体温が1度上がれば免疫力は

5~6倍上がるとも言われてますし、

冬の晩御飯はお鍋で決まりです!

 

主婦業の軽減にもつながるし

一石二鳥ですわね(笑)

 

白菜と長ネギをお鍋でしっかり食べて、

体の外からも中からも同時に免疫力を

高めて冬を乗り切りましょう(。・ ω<)ゞ

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です