知っておきたい!腸と乳酸菌のお話し

腸 乳酸菌

さてさて、いつもは毒がたっぷり

含まれたブログなので、読むだけで

お腹を下しそうですが(笑)

 

本日はせっかく読んでくださる皆様の

健康に、少しでも役立つ医療人らしい

 

知っておきたい腸と乳酸菌の関係性①

 

というテーマでブログを書きました。

 

整体施術の中でもお腹(腸)に関する

ことが話題になりますので、そこで

お話している内容をお届けます。

 

乳酸菌とは?

乳酸菌とは糖を分解して乳酸を作る

働きをする菌の総称で、菌とはいえど

無害であり、逆に感染予防にもなるため

インフルエンザの予防にも良いとして

多くの乳酸菌の製品が販売されています。

 

もちろん腸内環境を整えることもあり、

免疫を作る場所でもある腸が元気になれば

体も一緒に元気になる!その理屈に間違いは

ないのですが、市販されているR-○とか

ガ○リなど飲んでる方、いかがですか?

 

「ん~、飲まないよりマシかな?」

「気分的には効いてる気が…」

「飲むとお腹が下るんです」

 

など、微妙な意見も多いのです(^^;

特に一番下の飲んだらお腹を下す

タイプの人は要注意です!

 

乳酸菌が腸の中でなにをするのか

乳酸菌は腸の中で悪玉菌と戦って、

味方である善玉菌を増やそうとします。

 

腸内に悪玉菌が多いということは、

腸内(町内)環境がスラム化

しているとイメージしてください。

 

そこに治安部隊として善玉菌となる

乳酸菌を送り込むわけです。

 

だからR-○を毎日飲んでどうのこうの…

と乳業関係者が儲かる仕組みをマスコミ

使って広めているわけですが…。

 

果たして口から入った乳酸菌が

スラムと化した腸まで本当に

届いているのでしょうか?

 

広告基準のマジック

世には適正広告基準と称して様々な

広告規制が存在します。

 

その規制の中の決まりごとを守る

必要があるのですが、なぜかその規制が

乳業関係には逆に甘い( ̄▽ ̄;)

 

CMで「生きたまま腸まで届く!」

って謳い文句をよく聞きますが、

アレだけ聞くとまるで飲んだ乳酸菌の

ほとんどが腸に届いてスラムを正常化

してくれてるように感じますが、

 

ここに広告基準のマジックが!?

 

乳酸菌に関しては実験結果(エビデンス)で

その飲料に含まれる1%の乳酸菌が腸まで

届けばそのように広告して良いとのこと(笑)

 

1%ですよ、1%…

 

結局どういうことかって~と、

乳業関係者が作る乳酸菌は

ほとんど腸まで届きませんってことを

言ってるのと同じです。

 

ま、乳業関係って戦争のゴタゴタ、

憎っくきGHQとの絡みもあるので

私は好きではありません。

 

ここでは政治的な話は置いといて(汗)

 

だから、毎日コツコツと飲み続けても

ほんのひと握りの乳酸菌しか腸には

届きませんってことです。

 

乳酸菌も多勢に無勢では

たった1%の乳酸菌ではスラム化した

腸内が正常化するなんて無理っす(笑)

 

だって腸内がスラム化してるってことは

そこの住人のほとんどが悪い奴らって

ことですから、そこにたった一人で

戦いを挑んでも勝ち目はありません…

腸までたどり着いたたった一人の乳酸菌が、

もしスーパーサイヤ人ほど強かったら…

なんて期待は持たない方が良いですね。

 

工場で作られた乳酸菌なんて超過保護に

育てられてるので、か弱くてか弱くて(ToT)

 

さて、記事も長くなると読むのも

しんどいと思うので、続きのお話は

次回のブログで(。・ ω<)ゞ

 

次回は

「腸まで生き残れなかった乳酸菌の末路」

でお話します。

 

尚、ここで書かれている内容は

磐田整体ラボラトリー独自の

考え方なので、信じるか信じないかは

あなた次第です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です