整体師への道|鍼灸専門学校偏

自衛官時代に夜学で整体を学び、

退職後は病院や整骨院などで

働いていた私ですが、3年目に

新たな転機を迎えました。

 

整体師として臨床経験を積んでいく中で

東洋医学にふれる機会が少しずつ増え、

鍼灸治療に興味を抱きました。

 

整体治療に東洋医学のエッセンス

加えることで、もっと整体の効果がよく

なるのではないか?

 

筋肉や骨格にばかり原因を求めていても

内臓へのアプローチを軽んじていては、

本当の改善ではないのではないか?

 

など、その当時の自分の整体理論や

技術に限界を感じ、悩んでいた頃でした。

 

そのような理論、技術に関する悩みの他に

無資格整体師”である社会的な責任に

関しても同じく悩んでいました。

無資格整体師とは

 

自衛隊時代に夜学で学んだ整体は、

国家資格ではありません。

 

2年間の通学こそしましたが、学校が選んだ

科目と技術講座を学ぶだけなので、国家資格を

取得する専門学校と比較するとどうしても

学術レベルは低いと言わざるをえませんでした。

 

病院や接骨院で働きながら、周りの国家資格を

取得したセラピストには引け目も感じていました。

 

もう一度、基礎医学からしっかり学び直したい!

 

そんな気持ちが芽生え、社会人になってから

2度目の通学をすることになりました。

 

鍼灸学校への入学

しかし、当時の鍼灸や柔道整復の学校は、

今では信じられないかもしれませんが、

入学には裏金が必要だったり、学校を

紹介してくれる先生の忖度がなければ

なかなか入学できませんでした。

 

自分は勤めていた病院の同僚に、

鍼灸学校の教員を掛け持ちでされている

先生が仲良くしてくれていたおかげで

忖度してもらえたのですが…

 

そうでないほとんどの場合は、修行先の治療院の

先生とほぼ「奴隷契約」のようなことをして

やっと忖度してもらえる…そんなブラックな

時代に鍼灸学校へ入学しました。

 

鍼灸学校での学生生活

その当時の鍼灸学校の学生は、ほとんどが

治療院に弟子入り中かその他の社会人ばかり。

高校を卒業してそのまま入学してくる学生は

1~2人ほどでした。

 

自分も自衛隊時代と同じく働きながらの

学生生活になりました。

 

今思えば、自衛隊時代よりハードなことを

やっていました(笑)

 

  • 18:00 授業開始
  • 21:00 授業終了
  • 22:00 カラオケ屋でバイト
  • 05:00 バイト終了
  • 06:00 帰宅、風呂、仮眠
  • 10:00 治療院で仕事
  • 16:00 仕事を終えて通学準備

 

このサイクルを2年と少しやりました(^^;

当時の自分の顔色がいつも青白かったのを

思い出します。

 

鍼灸学校での悲惨な出来事

鍼灸学校での悲惨な出来事の代表格は

「実技の授業」これに尽きます。

 

なんせ学生ですから当然ズブズブの

素人なワケですよ…

 

最初は自分の足に鍼を打つ練習とかしてから

お互いの体に鍼を打つのですが、その段階で

教室の後ろから学生が

 

「先生~!鍼が抜けなくなりました~」

 

とか、

 

「あぁ~!鍼が曲がった~」

 

なんて恐怖な声が聞こえてくるもんですから、

すかさず後ろを向いて、その学生の顔と名前は

インプットしました。

 

なぜかって?

 

そりゃ~、その学生と実技の授業で

当たらないようにするためです(笑)

 

自分の身は自分で守らなきゃ(>_<)

 

整体も同じですが、鍼灸はさらに

手先の感覚にプラスして人間性も

治療のやり方に出てきます。

 

雑な性格してる人の鍼は雑ですし、

豪快な性格している人の鍼は豪快です(笑)

 

自分は早々に学校での技術レベルの向上に

諦めをつけ、その頃から別費用で鍼灸理論や

技術を外に学びに行っていました。

 

学校で習う鍼灸実技は非常にお粗末で、

整骨院などでよく行われる、鍼を刺したまま

放置プレイ、おまけがあるとすれば鍼に電気を

流したり、鍼の上にお灸をのっけたり…

 

そこにキッチンタイマー仕掛けて5分か10分

経過したら「ピピピピ~」って、

まるで料理じゃあるまいし、

そんなの鍼灸師でなくても出来そうなレベル。

 

ツボの探し方も解剖学的な位置を元に物差しで

測ったような探し方で、正しい治療穴が見つけ

られるはずもなく…

 

そして鍼をツボに入れる深さも

 

「今日は2cmまで入れてください」

 

とか、何のためにだよ?みたいな

内容ばかりだったので、自分は早々に

学校での実技の授業には見切りを

つけて、必要最小限で単位を落とさない

ていどに出席してました(笑)

 

未だに整骨院とか行くと、学校で習った

まんまのやり方で

 

「鍼灸治療が得意な整骨院です!」

 

みたいに謳ってるとこが、ここ磐田市にも

あるので笑えてしまいます。

 

鍼灸師の国家試験

そんなこんなで可愛げのない鍼灸学生を

続けること3年、ついに最後の難関、

国家試験が迫ってきます。

 

ま~、難関とは言えども合格率は80%前後に

設定されているので、普通に勉強していれば

合格できる内容です。

 

しかし元々、緊張しやすい自分は

試験はもちろん遠足の前日はドキドキして

眠れない性格だったので、これは何とか

対策しようとある作戦を思いつきました。

 

前々日に徹夜しよう作戦!

 

前々日に徹夜すれば前日は眠気に負けて

ぐっすり眠れるだろう…と踏んでの作戦

でしたが(^^;

 

はい、前日も眠れませんでした(爆)

 

丸2日を徹夜した状態だったので

鍼灸師の国家試験当日は起きてるのだか

眠ってるのだか分からない半眠半覚醒の

状態で試験に臨むことに(笑)

 

それが功を奏したのかは定かでは

ありませんが、緊張することなく

リラックスして試験を乗り切りました(^-^)

 

もちろん一発合格ですよ~(笑)

 

医療系の勉強は難しく、試験内容も

難解ではありますが基本が分かっていれば

落ちるようなものではありません。

 

そして、めでたく鍼灸師の国家資格を得て、

学生時代から学びに通っていた老舗の鍼灸院に

内弟子として働き始めることになりました。

 

この間は少し整体師としては休憩の時期。

いったん整体技術からは距離を置き、

本格的な東洋医学に基づいた鍼灸技術の

鍛錬に勤しみました。

 

この鍼灸院での修行期間は約3年ほどに

なりましたが、多くのことを学ぶと同時に、

人間の卑怯で汚い部分にも多くふれる

機会になりました。

 

 

次回は「整体師への道!鍼灸修行編」にて詳細を。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です